Manga(マンガ)Anime(アニメ)GAme(ゲーム)大好き人間に届けるWEBマガジン「MAGA人マガジン」
YUGIOH

TCGの魅力を深掘り!【遊戯王とポケカを大紹介!!】

◇始めに

皆さんそもそも【TCG】とは何かご存知でしょうか?何となくは知っていてもどんな種類があってどういう人たちが遊んでいるのかは、あまり知らないと思います。そこで今回はそんなTCGの中でも2大人気を誇る【遊戯王OCG】と【ポケモンカードバトル】の魅力やあれこれを紹介していこうと思います!

◇TCGってなんぞや

まずTCGが何の略称かですが、TCGとは「トレーディングカードゲーム」通称トレカの略称で幅広い世代の男女に人気のカードバトルになっています。

そんなTCGと歴史は意外と浅く、世界初の正式な商品としてのTCGは1993年に発売された【マジック:ザ・ギャザリング】だとか……そこから色々な種類のTCGが生み出され今日まで続く人気へと上り詰めました……と、ここまでTCGが何なのかについてお話ししましたが、今回はそんなTCGの中でも日本発祥であり、今や世界中で爆発的人気を誇る遊戯王とポケモンカードについて様々なあれこれを紹介します!

◇2大TCGが人気なワケ……

何故ここまで【遊戯王OCG】と【ポケモンカードバトル】(以降名称略)が人気になったのか、それは大きく分けて3つ程あると思っています。

まず1つ目、それは圧倒的価格の安さと、子供が買いたくなるパックの仕組みです。というのも両タイトルとも1パックの値段が安く基本的なパックであれば、約160円と安いのが特徴です。この値段であればお小遣いをもらってる子供達でも安心して買うことができます。そしてこのパックを販売しているのは地域の身近にあるコンビニである事が多いのです!これなら友達同士で気軽に買うことが出来ますし、お母さんのお使いのついででも買えます。

さらにこのパック販売にはちょっとした仕組みがあり、それはカード1つ1つにレアリティーというものが存在します。なのでレア度の高いカードが出るまでパックを買いたい!強いカードを出して友達に自慢したい!などと言った子供ならでは気持ちを掻き立てるような仕組みになっているのです!

2つ目は上記でも紹介したレアリティ多さによるカードの価値です。レア度に関しては特に遊戯とポケカがTCGの中でも抜きん出ていると思います。このレア度ですが遊戯は全部で約20種類、ポケカは全部で約10種類と多く、中には周年記念をお祝いした特別なレアリティや、大会優勝者だけに贈られる世界に一枚のレアリティなど限定のレアリティカードなどもありレア度の高いカードを持っているだけでクラスの人気者になったり、大人でも気分が上がます。

このレアリティという仕組みを作ったのは後に紹介しますが、大きな意味を持つ素晴らしい仕組みになっていると思います。結果そのレア度の高いカードを当てるために沢山のパックを買うのでそこもTCGの人気に火をつける要因になっていると思いました!

3つ目の人気のある要因は多種多様なイベントの多さにあると思います。というのもこの遊戯とポケカにはランキングバトル、ジムバトルといったカードバトルによる大会が多く存在するのです。

その大会で強いカードで戦ったりするガチ勢の試合が行われたり、比較的初心者のために開かれるビギナーズ大会などが行われるため様々な事情を持った方々に楽しめるイベントとなっているのです。他にも様々な大会や交流会を開くことによって多くの方々に安心して楽しむことのできているコンテンツなんだと思います!

◇TCG転売ヤー事情、迷惑行為

ここからはTCGの良くない面、転売行為と迷惑行為について紹介します……

そもそもどんなコンテンツにも少なからず転売やそれに伴う迷惑行為が存在します。中でもTCG界隈この2タイトルはその傾向が強く、最近メディアでも取り上げられているのを目にする方も多いと思います。では何故この2タイトルに転売が多いのか。それは、買取価格の高いカードが多いことに理由があると思います。

というのも近年、遊戯とポケカは記念パックやレアリティの高いカードが封入され買取価格の高いカードが多い商品を比較的沢山販売していました。そして元々この2タイトルというのは通年で買取価格が高く、コレクターはもちろんライト層にも人気のあるカードが多いのです。それを逆手に取った転売ヤー共は、高くなりそうなパックや限定ボックスを大量にカートンで買い占め、本来買いたい人達が全く買えない状況が続出してしまいました……。

そういう転売行為は純粋に新弾パックや限定ボックスを楽しみにしていた人達を愚弄する行為なので絶対にやめてほしい行為なのですが、転売ヤー基本的に自分の事しか考えておりません。当日販売や、きちんと並んで買うように店側から言われているにも関わらず不正をします。しかも注意されたりすると罵倒をしたり、周りにいる人に八つ当たりをする人も中にはいるのが現状です……。そこで現在は店側でもあらゆる転売防止策を講じており、お一人様〜ボックスまでやシュリンクと言われる外装を剥がした状態での販売など転売ヤーの嫌がる策を講じているらしいです。しかしこうした転売行為は販売されているお金で買えるものだけではなく、限定◯◯名様に抽選で配られるようないわゆるタダで貰えるものにまで広がりを見せています……どうしてこんな転売ヤーが増えるのか、それはやはり目先の金額だけではなくて、将来を通してカードの買取金額が上がり続けていることにも原因があると思います……

◇TCGの投資の可能性

上記で話した通り近年、TCGのカードの価値というのはどんどん上がっています。

中でもこの遊戯、ポケカの勢いは凄まじく、本当に人生の資産として買う人も増えているのです。そこで今回はその金額がどのくらい凄いのか紹介します!

まずはポケモンカード、このポケカというコンテンツは昔からあったのですが本当にここ最近になって資産としての頭角を表してくるようになりました。昨年11月20日に発売された『ハイクラスパックシャイニースターV』は特にライト層のコレクターに人気のあるパックで1パック550円で買えるものなのですがその中から何と当時の価格で、1枚4万円以上になるカードが封入されていたんです!しかもその後も値段は上がり続けました。

そして今年は特に通常弾で当てる事のできるパックに高額買取のカードが多く、皆さんご存知の方も多いポケモンだと思うのですが【レックウザ】というポケモンのカードが、153円で買えるパックの中から1枚約10万円買取というとんでもない金額で買取されていました!これはいくらライト層とはいえど当てたくなりますよね……。そして特にポケカの中で比較的高くなるのが限定ボックスです、こちらは年に一回発売される商品でして中でも買取金額が高くなったのは『リミテッドコレクションマスターバトルセット』という商品です。当時の定価では、一個1万2000円だったのですが今やなんと、30万以上という破格の金額で取引されているのです!ですから当時この商品を定価で10個買っていた場合、現在の買取金額で約300万になっている訳です!凄いですよね……

と、ここまでポケカの割とライトな層の金額について話てきましたが、ここからは文字通り桁違いの世界をお教えします。それが遊戯王OCGです!こちらのコンテンツは昔から人気が高く、カードの枚数も多いため様々な限定カードや古くから人気のあるカードが存在します。そんな中から4個高額なカードを紹介します。

まず1個目、【青眼の白竜ーブルーアイズホワイトドラゴンー】の初期シークレットレアです。このカードは1999年に開催されたイベントにて配布されたカードで世界に1000枚しか無い貴重なカードです。そして20年以上も前のカードなのできれいな状態で存在する個体が極めて少なく、現在の買取価格は1枚約100万〜250万とされています!

2個目は、【女剣士カナン20th】です。このカードは昔からどのレアリティでも高いカードなのですがつい2年前に登場したこのレアリティのカナンは時間が合えば皆さん手に入れる事のできたかもしれないカードなのです!というのもこちらのカードは2019年に大阪・名古屋・東京で行われた展示イベントで配布されたカードでこのカナンというカード自体はそのイベントで3万枚配られたのですが、この3万枚の中に1%の確率で20thシークレットレアが当たるというものでした。20thシークレットレアというのは、遊戯王OCGが発売されてから20周年の記念で作られたカードで、その年にしか存在しないレアリティなのです。そんな低確率でもらえる20thのカナンは、現在100万以上で買取されています。

続いて3個目は、【ブラックマジシャン・ガール】のシークレットレアです。このカードは2000年7月に開催された公式大会の優勝商品で配布枚数は約300枚と少なく大変貴重なカードとなります。このカードは原作でも人気のあるキャラクターで、今でもファンの多いカードになっています。近年では人気コスプレイヤーの“えなこさん”がコスプレをしたことでも有名です。肝心の金額ですがカードの状態によってばらつきはありますが約600万円〜1080万円で販売されています。

4つ目は【青眼の究極竜T3-01】です。名前にあるT3-01とはカード一つ一つにある型番の番号のことで、この数字によって本物か偽物か判別できるようになっています。そんなこのカードですが、これは2001年8月12日に開催されたアジアチャンピオンシップ2001の優勝商品になります。このカードは世界に1枚しか存在しておらず滅多に市場に出回らない代物です。しかし2018年頃に秋葉原の某カードショップで販売されており、その金額は何と驚異の4500万円でした!このカードは現在買われており、その生の姿を見ることは出来なくなっています。

◇終わりに

とここまでTCGの魅力やあれこれについて沢山書きましたが如何だったでしょうか…TCGについて興味を抱いていただけましたか?まだまだ紹介しきれていないこともありますがそれだけTCGは奥が深いということです。上記ではカードの金額や迷惑行為など様々な側面をお届けいたしましたが、TCGはどんな接し方でもとても楽しく、やりがいのあるコンテンツなので是非!是非!一度TCGに足を踏み込んではいかがでしょうか!……沼にハマって抜け出せなくなるかも(笑)

YUGIOH
最新情報をチェックしよう!
>BizLA(ビズラ)

BizLA(ビズラ)

日本工学院専門学校マンガ・アニメーション科ビジネスコースのことです。 現在のチームは「Planners LA」です、

CTR IMG