Manga(マンガ)Anime(アニメ)GAme(ゲーム)大好き人間に届けるWEBマガジン「MAGA人マガジン」

今後伸びそうなマンガ・ライトノベル【10選】

最近コロナが収まってきましたが、まだまだ出かけにくいご時世。そんな時こそ家でマンガやライトノベルなどで読書を楽しみましょう! <br />そこで今回、マンガもライトノベルもどこから手をつければいいかわからないという人の為に、今後マルチメディア展開や知名度が上がっていきそうな作品を筆者の独断と偏見で選んできました!<br />合計10冊是非参考にしてみてください!

※順番には何の意図もございません

【マンガ編】

チェンソーマン(週刊少年ジャンプ)
作者:藤本タツキ  既刊11巻

(あらすじ)
超貧乏な少年デンジが相棒のポチタと共にデビルハンターをしていた。しかし、借金取りの裏切りと共に生活が一変!貧乏な生活の脱却と女のいる生活を求めて、悪魔を身に宿し、悪魔を狩る、新感覚ダークアクションストーリー!

(おすすめポイント)
今までにないセンスでひたすら読者を圧倒していく作品。ダーク物が好きな人や王道に飽きた人には是非おすすめしたい作品です。2019年『次に来るマンガ大賞』2位やアニメ制作中でこれから期待が高まる中、丁度1部完結したばかりなので今から読む人にも入りやすいところがおすすめ。

 

怪獣8号 (週刊少年ジャンプ)
作者:松本直也  既刊4巻

(あらすじ)
怪獣が発生する世界で怪獣専門清掃業として働く比野カフカ。嘗て怪獣から国を守る防衛隊員に憧れ目指してきた彼は、何の因果か謎の生物によって怪獣になってしまった!?
憧れる防衛隊に討伐目標とされながらも、憧れを捨てられないカフカが巻き起こす大迫力ヒーローアクション!

(おすすめポイント)
『次に来るマンガ大賞・WEBマンガ部門』を2位に大差をつけての堂々の1位!これは間違いなく今後飛躍を遂げるマンガだと確信していました。王道であり主人公の人の良さが織りなす絆。どんな方にも読みやすくハマりやすいところがおすすめ。

 

スパイファミリー (ジャンプ+) 
作者:遠藤達哉  既刊 7巻

(あらすじ)
今回きた指令は名門校に潜入するため家族を作れ!?しかも黄昏が選んだ家族は、妻が暗殺者で娘が相手の心を読む超能力者だった!?家族全員が互いに正体を秘密にして過ごす仮初一家だが、数々の受難と危機に芽生えゆく絆で切り抜けていく、笑えて心が温かくなるスパイアクション×ホームコメディー!

(おすすめポイント)
 2019年『次に来るマンガ大賞・WEBマンガ部門』堂々の1位!最近流れが来ていると感じるスパイ作品からの選出です。といってもシリアスというより温かくなる家族の絆とあっと驚くようなコメディが見所で、アニメ化の声が多い期待の作品です。

 

シャングリラフロンティア (週刊少年マガジン)
原作:硬梨菜/漫画:不二涼介  既刊5巻

(あらすじ)
クソゲーをこよなく愛し、数々のクソゲーをクリアしてきた男・陽務楽郎。彼が次に選んだゲームは神ゲー『シャングリラ・フロンティア』で!?
彼による、どこかクソゲー好きの彼らしい、周囲を巻き込んで突き進んでいく痛快ゲームファンタジー冒険譚

(おすすめポイント)
2億6千万PVの超人気小説がマガジンでコミカライズ化!小説の書籍化ではなく一足飛びでコミカライズは驚きましたが、それが正解であったかのように第1話のアンケート1位・週マガ学生人気1位となり、原作が小説ということもあり今後のマルチ展開や飛躍に目が離せない作品です。少し変わった王道RPG作品、絵も綺麗で躍動感がありますので是非読んで欲しい作品です。

 

ウマ娘シンデレラグレイ (ヤングジャンプ)
漫画:久住太陽/脚本:杉浦理史  既刊4巻

(あらすじ)
『ウマ娘』それは別世界の名馬の名と魂を受け継ぐ少女達。芦毛の少女『オグリキャップ』が魅せるとあるトレーナーとの片田舎の地方競馬から始まる怒涛の快進撃。地方から中央へ!目指すは恩師に捧ぐ中央優勝!オグリキャップが起こす青春駆けるシンデレラストーリー!!

(おすすめポイント)
『次に来るマンガ大賞コミックス部門』2位!サイゲームスが贈る大人気ゲーム『ウマ娘プリティーダービー』の最新シリーズである今作品は、本編もアニメ2期やゲーム・マンガにと多方面で活躍している中、確実に盛り上がると確信した作品です。個人的には3期作成決定より先にアニメ化するのではと期待しています。

【ライトノベル編】

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか (GA文庫)
作者:大森藤ノ  既刊:17巻

(あらすじ)迷宮都市オラリオーそれはダンジョンと称される巨大な地下迷宮を有する欲望と夢が渦巻く巨大都市。これは迷宮に、冒険譚に、英雄に、そして可愛い女の子とのロマンスに憧れを抱く少年・ベルクラネルが、1人の神様と憧憬する少女と出会い、数々の苦難を乗り越えやがて英雄へと至る【眷属の物語(ファミリア・ミィス)】である。

(おすすめポイント)
シリーズ累計900万部突破!そして5周年!更にアニメ第4期決定!話題に事欠かない圧倒的スケールで描かれる王道ファンタジー小説です。主人公が英雄に憧れ、成長していく姿にはワクワクが抑えられません。他の作品と違うのは、ステータスが結構細かく紹介されていて成長を実感できることでしょうか。読みやすいのでまずは1巻買ってみてください。

 

転生したらスライムだった件 (GCノベルス)
作者:伏瀬   既刊:18巻

(あらすじ)
サラリーマンの三上悟は後輩とその恋人と出かけていた。そこに運悪く窃盗犯が駆け込んできて、後輩を庇った悟は刺されてしまう。死にゆく中、頭に響く謎の声。次に目を覚ました時にはスライムになっていた!?リムル=テンペストが巻き起こす世界を揺るがす魔物の国の建国記!

(おすすめポイント)
なろう原作の超人気魔物転生作品。最近ではアニメ2期を終え下がり気味かと思えば、2022秋に向け劇場版作成が決まり、新作スマホゲームが出るとのこと。コミカライズもいろんなシリーズが出ているので読みやすく長く楽しめます。買うのを迷っている人は書籍として売られているものと若干話が変わっているが、小説家になろうに原作が残っているのでまずはそこから読んで欲しいです。


薬屋のひとりごと (ヒーロー文庫)
作者:日向夏   既刊:11巻

(あらすじ)
花街で働く薬師の少女・猫猫は、人攫いに遭い後宮の下女として売られてしまう。少女であるがどこか達観している猫猫は、仕事を卒無くこなし年季明けを待つが、高い好奇心からとある噂話に首を突っ込み後宮での暮らしが大きく変化していく!

(おすすめポイント)
女性向け作品だと思って避けていたが、それを後悔するほどの名作。恋愛要素も若干混じっているが、宮中を中心に起こる事件とそれを鋭く柔軟な考えで解決していく猫猫の姿は必見!コミカライズも2019年『次に来るマンガ大賞・コミックス部門』1位受賞をし、コミカライズ2作・小説が累計1300万部と大ヒットし長らくアニメ化を希望する声は多いです。なろう原作のアニメ化が多い中ますます期待が高まります。

 

七つの魔剣が支配する (電撃文庫)
作者:宇野朴人   既刊:8巻

(あらすじ)
魔法が盛んな世界。名門キンバリー魔法学校に入学したオリバーと、日本刀を持つ一風変わった装いのサムライ少女のナナオ。思慮深い少年とどこか危ない少女が織りなす学校に根付く闇と隠された魔剣を巡る学園ファンタジー

(おすすめポイント)
2020年『このライトノベルがすごい!文庫部門総合・新作』W1位を獲得した電撃文庫発学園ファンタジー作品で、個人的にはこのまま行けば数々の名作を輩出してきた電撃文庫の顔になる作品ではないでしょうか。王道かと思いきやオリバーとナナオの関係性や学園の謎など、読者の探究心を擽る一度読んだら止まらない作品です。

 

スパイ教室 (ファンタジア文庫)
作者:竹町   既刊:6巻

(あらすじ)
陽炎パレスで凄腕スパイ・クラウスのもとに集まったのは学校でも落ちこぼれの7人の少女。そんな少女達が挑むのは超エリートスパイもが達成できなかった不可能任務だった……。しかも少女を鍛えるクラウスはとんでもない教え下手で。そんな彼が思い付いた教育法は自分を倒すこと!?仲間思いのクラウスと何か才能を秘める少女達が織りなす痛快スパイファンタジー!

(おすすめ・選考ポイント)
第32回ファンタジア大賞「大賞」受賞作品であり、2021年『このライトノベルがすごい!』文庫部門・新作部門W2位!策略渦巻く難しめの作品なのかなと思ったら、主人公と少女達の掛け合いにクスッときたり、でも真剣なシーンもあったりと夢中になって読める作品。1巻最後のトリックには驚きでした。伸び代しかない期待の新作なので、是非。

 

皆様いかがだったでしょうか.知っている作品はありましたか?長期人気作品や知名度が既にかなり高いであろう作品も、これから人気を博していくだろう作品も交えて紹介してきました。マンガもライトノベルもまだまだ人気作・名作がたくさんあります。書籍を自ら書店に足を運んだり、ネットで調べたりして自分なりの名作と出会うのも読書の楽しみ・魅力の一つだと思います。なので、今回を機に是非たくさんのマンガ・ライトノベルに触れて見てください。そして、いいと思った作品を友人達に広めてみたり、コロナが収まったら作品を好きな人同士で集まってみたりしてみてください。きっとあなたの世界は今までよりもずっと広がっていくことでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>BizLA(ビズラ)

BizLA(ビズラ)

日本工学院専門学校マンガ・アニメーション科ビジネスコースのことです。 現在のチームは「Planners LA」です、

CTR IMG