Manga(マンガ)Anime(アニメ)GAme(ゲーム)大好き人間に届けるWEBマガジン「MAGA人マガジン」

ガチガチの初心者が『劇場版機動戦士Zガンダム』を観て率直に思った事。

まず、初心者が観るべきガンダムシリーズ作品じゃない事はわかった

『機動戦士Zガンダム星を継ぐ者』はアニメシリーズ終了後、20年の時を経て一部作画や演出をリメイクして総集編を劇場にて上映した作品。

20年前のテレビシリーズと今回のリメイクをなじませる為に『エイジング』という映像技術を導入した本編は、機動戦士ガンダムを観ているファンから見たら、美しくなった映像や演出があり、戦闘シーンの細かいエフェクトなどに目を魅かれたのかもしれない。

しかし、その『エイジング』に私はむしろ目眩がした。

馴染ませようと映像技術を屈指して作った作品ですが20年前の技術に今の技術をなじませるには現在の線や色味が綺麗すぎて作画や、演出がバラバラに感じストーリーが分かりにくかった。

主人公カミーユが操縦している「ガンダムMk−II」とジェリドの戦闘シーンは母親を殺され怒りに狂う主人公と自分がしたことが理解できず困惑しながらも戦闘をするシーンは現代の技術で迫力のある圧巻の演出。心理状況が複雑なシーンだったが機体の動きや声優陣の演技も相まって素晴らしかった。

なのに、本編の情報量が少なすぎて置いてけぼり。

カットシーンが多く、アニメシリーズの本編を抜粋してストーリー構成を組み立て直しているが、主人公が正義なのか悪なのか、何のためにガンダムに乗るのか理解が追いつかないままストーリーは進んでいった。

何故か始まる先代の運命の再会。

地球にある連邦軍の本拠地ジャブローを制圧するべく地球へと向かう主人公達とその攻撃を阻止するべく襲ってきたティターンズと戦闘の末、ジャブローに降り立つが核兵器でここら一帯を焼け野原にするのでみんなで一緒逃げましょう、と展開して行った。脱出用の戦艦も乗員が溢れ、置いて行かれる人も多く自分の意思で残った戦闘員もいた。

何故、彼らがジャブローに残り、敵も味方も同じ戦闘機で脱出しようと考えたのか、その説明がほとんどなくお互いの理想の元実現させるために戦っていたのではないのか?信念はないのか?と聞きたくなった。

そして全ての理解ができないまま、機動戦士ガンダムの主人公アムロとその宿敵シャアの再会で第一部の幕が閉じた。

登場人物の関係性の説明や今の状況の説明などが少なく、アニメシリーズを見たことがある人用に製作された総集編だと感じた。

最新情報をチェックしよう!
>BizLA(ビズラ)

BizLA(ビズラ)

日本工学院専門学校マンガ・アニメーション科ビジネスコースのことです。 現在のチームは「Planners LA」です、

CTR IMG