Manga(マンガ)Anime(アニメ)GAme(ゲーム)大好き人間に届けるWEBマガジン「MAGA人マガジン」

アニサマに現地で参加して感じたこと(感想、レポート)

8月27日から8月に29日にかけて開催されたAnimelo Summer Live 2021 -COLORS-(略称アニサマ)の3日目に現地参加をしたのでその時の事を感想を混じえて今回レポートをさせて頂いたく。

アニサマは2005年よりドワンゴ、文化放送、文化放送開発センター、BS11が主催する世界最大級のアニメソングのライブイベントだ。

2020年にはコロナウイルスの影響で残念ながら開催が1年延期をされてしまったが今年の夏に感染予防対策を徹底し無事にトラブル無く開催がされることとなった。

私もコロナ禍でのライブの参加は初であった為に不安もあったが、自信で出来る感染対策は徹底したことや、座席を開ける事やマスクの着用、ライブ中声出しの禁止を運営の方々や参加者の方々が徹底をしていた為に安心をして今回イベントに参加をすることが出来た。

2年ぶりのアニサマ、記念すべき1番手は森口博子さん、TRUEさん、鈴木このみさんの3人が力強い歌声で「あんなに一緒だったのに」を熱唱した。女性アニソンアーティストの中でも大御所の3人の登場で声は出せなくとも会場の熱気がペンライトの動きで凄く伝わり、遂にアニサマが始まったと実感をさせてくれた。

続いては仲村宗悟さんが登場し「Here comes The SUN」と「壊れた世界の秒針は」の2曲を披露した。2曲共、私は初めて聴いた曲だったが力強い歌声で心に響く曲だと感じた。

続いてはモニターから『SHOW BY ROCK!! 』の映像が流れ劇中ユニット「DOKONJOFINGER」ヤス役の伊東健人さんがママチャリに乗りながら登場をし会場を盛り上げた。楽曲は「移動手段はバイクです」を熱唱した。続いて同作品の別ユニット「Mashumairesh!!」のメンバーが登場し

「キミのラプソディー」と「エール アンド レスポンス」の2曲を披露した。最後に今回出演したメンバーで『SHOW BY ROCK!! STARS!!』の挿入歌「アノカナタリウム」を歌唱し、「SHOW BY ROCK!」のステージは終了した。

その余熱が残る中『Plunderer』の楽曲に合わせて伊藤美来さんが登場した。MCの際はアーティストデビューの5年目の感謝と自分の中でのアニサマの存在の大きさを語った。2曲目の「No.6」は最初の曲とは雰囲気が変わり、リズミカルな曲調の楽曲になっており伊藤さんの綺麗な歌声と合間ってずっと聴いていたいと感じた。

続いてバックステージから登場した楠木ともりさんが「ハミダシモノ」を力強い歌声で歌い上げた。MCではメジャーデビューして初のアニサマ

である事、2曲目はアニサマなのでアニメのカバー曲を歌おうと思っていることを語り『僕のヒーローアカデミア』のED「航海の歌」を披露した。

続いてはメインステージにfhánaが登場し「星を集めて」を披露をし客席を魅了した。2曲目の「愛のシュプリーム!」では途中からTVアニメ『小林さんちのメイドラゴン』のキャストのユニットスーパーちょろゴンずも加わりステージを盛り上げてくれた。曲が終わり会場に熱気が残る中トール役の桑原由気さんが「最後にちゅちゅいぇいしちゃいますか?」とコメントをしステージの全員で「青空のラプソディ」を披露し会場を笑顔に包んだ。

続いては前半のトリを務める森口博子さんが「君を見つめて -The time I’m seeing you-」、「一千万年銀河」、「ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~」のガンダムソングを披露した。恥ずかしながらガンダムシリーズは未視聴の為初めて聴く楽曲だったが、森口さんの力強く優しい歌声に感動し、全ての曲を聴き入ってしまった。

そこから20分間の休憩を挟み後半へ、最初に登場した『アサルトリリィ』の一柳隊のメンバーが「君の手を離さない」を披露。休憩で落ち着いていた私のテンションを一気に最大まで上げてくれた。続いての楽曲「GROWING*」ではバックステージで一柳結梨役の伊藤美来さんがメインステージで歌唱をする一柳隊のメンバーを見守ると言う作品を観ていたファンなら思わず泣いてしまうような演出があった(私は泣いてしまった)。最後は「Edel Lilie」を披露して一柳隊の一体感を感じさせてくれた。

続けて同作品のOPテーマ曲「Sacred world」を担当したRAISE A SUILENが登場すると同楽曲を披露して会場を盛り上げたMCではボーカルのRaychellさんが「アニサマまだまだ暴れられますか!」と客席を盛り上げ「R•I•O•T」、「EXPOSE ‘Burn out!!!’」を披露した。RAISE A SUILENのライブを観るのはこれが2度目になるが客席を盛り上げる力はどのアーティストよりも優れていると強く感じた。

続いてソロでのアニサマ初参戦となる雨宮天さんが「永遠のAria」と「PARADOX」を披露

MCではアニサマが無い夏の寂しさ、自分がどれだけアニサマが好きなのかを証明すると意気込みを聞かせてくれた。

次に「エフェメラをあつめて」の楽曲と共に登場した鈴木みのりさんはMCで2年間で改めて音楽が好きというとこに気付かされた事、聴いてくれる人がいるからライブは必要だということを語り2曲目のライブ初披露となる新曲「サイハテ」を披露した。

続いて早見沙織さんがアーティストデビューを果たした曲である「やさしい希望」を披露した。そして「こんな時代でも必ずいつかは光が指し、どんなに暗い日でも必ず朝は来るという思いを込めた」と語る新曲「Awake」を披露した。

早見さんの優しさや気持ちがこもっている楽曲出会ったと強く感じる1曲だった。

続いて内田真礼さんが登場し「youthful beautiful」と「ストロボメモリー」を披露しMCに入る。

MCではライトの多彩な光が今回のアニサマのキャッチフレーズである「COLORS」だと感じたと語った。そこから声優仲間である雨宮天さんをステージに呼び2人でTVアニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』のOP曲「君のせい」を熱唱してファンを盛り上げた。

感動が冷めない中続いてReoNaさんが登場し「ないない」と「生命線」を披露した。MCでは自分自身を大きな舞台に連れていってくれた曲をアニサマで披露したいと伝え、最後に「ANIMA」を熱唱し力強い歌声で会場の熱気を底上げした。

続いて鈴木このみさんがRaychellさんと登場し2人で「Absolute Soul」を熱唱。この登場には盛り上がったファンは確実に多かったと感じた。

続けて「Realize」を披露しファンのテンションが上がる中ひぐらしの鳴き声と共に「Missing Promise」を披露した。最後にモニターに蝉が蜘蛛の巣に捕まった映像が映し出され「Bursty Greedy Spider」の曲が始まった。

曲と曲の間の演出が鈴木このみさんの歌声と相まって常に鳥肌が立ち、感動が冷めない時間だったと今でも思い出す。

最後に3日間の大トリを務めるTRUEさんが登場し「Storyteller」と「WILL」を続けて披露した。MCではこの2年で大トリを務める意味を考え、改めて私たちは音楽が無いと生きていけないと感じた。と自らの思いを語り、「まだまだ盛り上がれますよね?」と観客を煽り「Another colony」と最後の楽曲「サウンドスケープ」を熱唱した。最後に「必ず来年へと繋げましょう!」と笑顔でファンに伝えステージを去った。

最後に出演したアーティストが全員登場する中、今年のアニサマのメインテーマ曲でもある

「なんてカラフルな世界!」の作詞作曲を行った今年のアニサマの主役であるオーイシマサヨシさんが登場をし、アニサマに対する熱い想いを語りアーティスト全員で同楽曲を歌唱した。

最後にアーティストの方々が笑顔で全員でこの曲を歌っている所を見て私は本当に今回のアニサマに参加をして良かったと感じた。

今回のアニサマが成功したのは、ファンやアーティストさんやスタッフの方々がアニサマを今後も続けていきたい。この感動が生まれるステージを未来に語り継いでいきたいという思いが強く、全体でルールを徹底することが出来たことが一番の理由だと私は感じた。

賛否は別れたと思うが今年アニサマが開催したことは正しかったと私は思う。

最新情報をチェックしよう!
>BizLA(ビズラ)

BizLA(ビズラ)

日本工学院専門学校マンガ・アニメーション科ビジネスコースのことです。 現在のチームは「Planners LA」です、

CTR IMG