Manga(マンガ)Anime(アニメ)GAme(ゲーム)大好き人間に届けるWEBマガジン「MAGA人マガジン」

これは、互いの信念をかけた魂のぶつかり合いである。

炎を操る新人類バーニッシュの出現により、惑星規模にまで膨れ上がった世界大炎上。人口の半分が焼死し、30年の時が過ぎた世界が舞台だ。

自治共和国プロメポリスでは、炎上テロを繰り返す過激派集団「マッドバーニッシュ」に対抗すべく、対バーニッシュ用装備を扱う高機動救命消防隊バーニングレスキューが日々消火活動を行っていた。

バーニングレスキューの新米隊員ガロ・ティモスは、火災現場でマッドバーニッシュの首魁である少年リオ・フォーティアと出会う。燃えて消すを流儀とするガロと燃やさなければ生きていけないと語るリオは、互いの信念をかけて熾烈な戦いを繰り広げる。

燃える魂をぶつけ合う二人の戦い、果たしてその先にあるものとは…。

バーニッシュ

30年ほど前に発生した人類の突然変異体で、バーニッシュフレアを自在に操る能力を持つ。

発生当初は人類と激しく対立し、全人類の半数を焼失させた大惨事「世界大炎上」の原因ともなったが、現在はその多くが鎮圧・収容されており、表立った活動を行っているのはマッドバーニッシュの残ったメンバーのみとなっている。

その発生のメカニズムは未だ解明されておらず、ある日突然バーニッシュになってしまう者もいる。

ガロ・ティモス

声 – 松山ケンイチ

本作の主人公の一人。高機動救命消防隊バーニングレスキューの隊員。年齢は10代。

バーニングレスキューとしてはまだ新米だが態度は誰よりも大きく、消火活動と人命救助への情熱も人一倍強い。

リオ・フォーティア

声 – 早乙女太一

本作のもう一人の主人公。中性的な顔立ちをしたバーニッシュの少年。過激派バーニッシュの集団マッドバーニッシュのリーダーを務める。

普段はクールな態度を崩さないが、その胸中に確かな信念を秘めており、差別され虐げられるバーニッシュの現状に激しい怒りを抱いている。

この作品は、トリガーの世界観を強く出している。

人物、動き、ロボット、エフェクトに至るまでトリガーの歴史を感じる。

見た感想としては、アニメーションちっくなのにリアルを求めている作品、特に重力の表現が…乗り物が地上に落ちれば、中に乗っている人物は浮く。

人物が飛んで行った時に顔がただれるというのにも感動を感じた。

地球環境問題などを想像させるストーリー、バカッコイイ名前など視聴者を盛り上げる指示をされていた。

最後まで、楽しめる作品となっている。

是非、皆さんも壮大なアクションと萌える展開をご覧になってください。

最新情報をチェックしよう!
>BizLA(ビズラ)

BizLA(ビズラ)

日本工学院専門学校マンガ・アニメーション科ビジネスコースのことです。 現在のチームは「Planners LA」です、

CTR IMG