Manga(マンガ)Anime(アニメ)GAme(ゲーム)大好き人間に届けるWEBマガジン「MAGA人マガジン」

「重い腰を上げてガンダムを」

今回はアニメを見ている方なら避けては通れない道。『機動戦士ガンダム』シリーズの『zガンダム』劇場版総集編3部作第1作『星を継ぐもの』を見ました。

自分が生きてきた20数年間ガンダムを一度も見たことが無かったのですが、知人に勧められ見ることを決意しました。

初めて見た感想としては話の内容が全くわからなかったです。(笑)

地球連邦軍とティターンズは同軍なんじゃないの?なんか揉めてない?みたいな混乱が生まれました。

また当時使われていたであろうカットや新規に作られていたカットが混在しており今現在の話なのか過去の話に遡っているのかなど色々と頭にハテナが多く浮かびました。

ただ、大きい物を大きく見せ、より大きい物をより大きく見せるカメラワークには圧巻でした。

地球や宇宙を題材にしているだけあって舞台のスケール感の伝え方はとても良かったです。

ガンダムの物語は戦争と恋愛に物凄く力を入れている作品という印象を受けていましたが実際そんな感じを受けました(笑)

カミーユとファの再開のシーンやアムロとフラウボゥのキスをして抱き合うシーンや恐らくカットされているであろうがジェリドとライラの仲にも何か恋愛的な進展があったんだろうな、と考えるシーンもありました。そういった思考を巡らせて物語を読み解いていくのは見ていて面白かったです。

カミーユもとても大切なものを失いつつ、何か心の変化も見られるシーンがあり心に響くものがありました。

最後のアムロとシャアの再会シーンは『ファーストガンダム』を見ている人なら何か込み上げてくる感情があるのかなと思うと自分も『ファーストガンダム』から見たいと思えるし、尚且つ続きが気になるシーンでもあり初見にもアニメ版『zガンダム』を見た人両方を虜に出来るシーンだと感じました。

願わくば今後とも作品のリメイクなどが決定したら次は全カット、全シーン新しい作画で制作して欲しいというのが正直な感想でした。やはり作品全体のクオリティを統一することにより“見やすさ“というものが向上していくと思うのでそこの基準は大事にしてもらいたいです。ですが昔と今のシーン両方を取り入れることで違いや技術の進歩をその場で楽しめるという意見にも納得せざるを得ないので一概にも言える事ではないですね。

カミーユの性格など、描かれ方も時代の背景により若干異なる描き方をしていると思うのでそこはアニメ版を見てみようかなと思います。

今まで避けてきましたが今後とも『ガンダムシリーズ』を見ていこうと思うのでその感想はまたの機会に!

百式かっこいい!!!!!!では!!!!

最新情報をチェックしよう!
>BizLA(ビズラ)

BizLA(ビズラ)

日本工学院専門学校マンガ・アニメーション科ビジネスコースのことです。 現在のチームは「Planners LA」です、

CTR IMG